「本能寺ホテル」 鈴木雅之監督

投稿ツリー

  • 不満 「本能寺ホテル」 鈴木雅之監督 (SnakeHole, 2017/1/22 20:56)

このトピックの投稿一覧へ

SnakeHole

不満 「本能寺ホテル」 鈴木雅之監督

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2017/1/22 20:56
SnakeHole  一人前   投稿数: 87
予告編を観て楽しみにしていたのだが,公開前に「プリンセス・トヨトミ」の作者・万城目学のTwitterでの発言を見ちゃったからなぁ。あ,知らないヒトのために付記するとこの映画のウリのひとつが「『プリンセス・トヨトミ』のメインキャスト&スタッフが再結集…」なのね,で…あとは長くなるので「万城目学 本能寺ホテル」で自分でググッて欲しい。

一応,アラスジをなぞっておくとー。

勤務先の会社が倒産,再就職もままならず途方に暮れているところ,交際半年の吉岡(平山浩行)から結婚を申し込まれ,なりゆきで承諾してしまった倉本繭子(綾瀬はるか)。吉岡の両親の金婚式パーティに招かれて京都へ着くがホテルのフロントで「お客様の予約は来月」と言われてしまう。大きなトランクをひきずって京都の町を彷徨ったあげく,たどり着いたのはちょっとレトロな雰囲気の本能寺ホテル。

どこか怪しげな風情の支配人(風間杜夫)に迎えられ部屋のキーを渡されて乗ったエレベータ。ところが扉が開いたところは天正10年6月1日,織田信長(堤真一)が逗留中の本能寺の伽藍の一角。小姓・森蘭丸(濱田岳)に発見され,事情もわからぬまま信長と京商人の謁見の場に。そこで無謀にも信長の暴君ぶりを咎めてしまい捕えられて閉じこめられるが気がつけばそこはあのエレベータの中。

支配人に問い質すも彼は彼女になにが起きたのかさっぱり理解できぬ様子。実際二人でエレベータに乗ってみるとそれは正しく客室階に到着する。釈然としないまま吉岡の父(近藤正臣)に逢って挨拶を済ませ,友人達とともに洛中を散策してホテルに戻った繭子,ふたたび一人でエレベータに乗るとまたそこは本能寺。そこでなぜか信長と打ち解け,天下を平和にしたいというその理想に感じ入るのだが…。

これ,ダメダメぢゃん。

まず主人公・繭子のキャラ設定がぐちゃぐちゃ。結婚の件でわかるように意志薄弱な成り行き任せな性格なのかと思えばいきなり信長の前で正義感を発揮するし,社会科の教員免許を持ってるというわりにその夜(天正10年6月2日未明)があの運命の日であることになかなか気づかない。信長もあとで繭子に見せる理想の高さと最初に登場したときに商人の持つ茶器を召し上げようとする強欲ぶりが乖離してる。

キャラだけぢゃない。吉岡の親父が1年前に亡くなった妻の遺言に従って金婚式のパーティをやることとか,その席で現在の高級料亭を閉めもう一度学生相手の安い食堂をやると発表することとか,いやべつに悪い話ぢゃないが映画のストーリーにどう貢献してるのかさっぱりわからない。言い換えれば,繭子が京都に来てこのホテルに泊まる口実がなんかあれば,婚約者もその友人も父親も要らないやんけこれ。

まだまだいろいろあるのだが,めんどくさいのでこの辺にしとく。とにかくハナシがバラバラなんだよね。

そこで思い出すのが冒頭の万城目発言である。デビュー作の「鴨川ホルモー」から「プリンセス・トヨトミ」,「鹿男あおによし」,「偉大なるしゅららぼん」。映像化された万城目作品に共通の要素はいささか過剰ではないかとさえ思われる主人公たちの「キャラ」である。「鴨川ホルモー」の主人公・安倍の持つ美女の鼻へのこだわりや「プリンセス・トヨトミ」の松平元の検査好き,「鹿男あおによし」の小川(小説では「おれ」だけど)の神経衰弱など,その設定自体が物語を駆動する役割を果たす。

しかるにこの映画の繭子にはそれがない。どころか,誰もが知ってるはずの信長のそれさえ希薄だ(定説を裏返して「信長いい人」をやるのならもっと首尾一貫してやるべきだ)。ホントのところは解らぬが,万城目学が書いたらこんなハナシになったはずがないことだけは確実だろう。なにが悪くて全ボツになったか知らぬがオレは万城目シナリオの方が観たかったなぁ…おっとっと,彼が言ってる映画はこれのことだと決めつけて書いてますがそれはワタシの思い込みであってなんの確証もないことだけ最後にお断りしておきますおきますからおきますってば。


「本能寺ホテル」公式サイト
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project