「島々清しゃ」

投稿ツリー

  • なし 「島々清しゃ」 (osono, 2017/1/27 1:18)

このトピックの投稿一覧へ

osono

なし 「島々清しゃ」

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2017/1/27 1:18
osono  管理人   投稿数: 742
「島々清しゃ」

舞台挨拶付きで公開初日観てきました。
娘の方に孫が生まれたので、その上京の折に鑑賞してきました。

島の美しさ、そこの人々を誇張なく素直に描いていくなかに、
俳優達もその島の風景に溶け込んでいく、そして観ていく側も
沖縄の自然と営みに魅力されていく。私自身も若いころの
沖縄旅行を思い出したりして、旨しです。

この映画をみての第一印象は、初心であり、映画の出だしは
少女を中心に何かを描いていくのであろうという期待でわくわく
していました。
作品的には、上記の良さもあるものの、まだ出だしという感じ
起承転結でいえば、起承くらいかな。

あとは、この映画の良さは磯田ワールドの魅力である。
(そんなの感じない!という若者^^;なら、はじめに「ナビイの恋」を見て
その面白さに酔ってください。)
最近では『JAZZ爺MEN』で不変的な音楽の魅力を(この作品世にでるのが
10年早かったですね、今の高齢化と生きがい、今の時代に
再上映を望みます)、うさぎ役の女の子が魅力的な
『楽隊のうさぎ』で音楽の神聖的な高みを、そして
この映画で、初めて個の特異性を出す、絶対音感の少女を出して、その生む苦しみと
音楽の可能性を描きますが、周りとの調和までにとどまって、その特質した
少女のこれからを描ききっていない、幼年期の終わりという感じで、成人した
彼女の生き方を見てみたいと思いました。

磯田ワールド5部作になるのか、次は音楽の神童(昔ピアノで
この手の映画あったな?)と友達との絡みで、ぶわーと音楽の
面白さをだした次回作が楽しみ!と妄想してます(笑)。


投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project