「スノーデン」 オリバー・ストーン監督

投稿ツリー

  • なし 「スノーデン」 オリバー・ストーン監督 (SnakeHole, 2017/1/29 19:58)

このトピックの投稿一覧へ

SnakeHole

なし 「スノーデン」 オリバー・ストーン監督

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2017/1/29 19:58
SnakeHole  一人前   投稿数: 93
2年ちょっと前,グレン・グリーンウォルドが発表した「暴露:スノーデンが私に託したファイル」という本を読んだ時,その内容に慄然とはしたものの,それを暴露した本人,エドワード・スノーデンという30歳そこそこの元CIA職員には少なからずうさん臭いものを感じないではなかった。あの本でのスノーデンはなんつかキレイゴトばかりで生身の人間って気がしないんだよね。

オリバー・ストーンのこの映画は真逆。彼が暴露した内容(まぁこの映画を観に来るようなヒトはとっくにそれ知ってるだろってのもあるけど)よりも,同世代の平均的な若者よりもかなり保守的かつ愛国的だったマジメな青年がどういう経緯であの行動に駆り立てられて行ったのか,を丹念に追ってる。オリバー・ストーンってこういうの撮らせるとうまいんだよね。

2001年9月の同時多発テロに衝撃を受け,国の役に立ちたいと軍に志願入隊したスノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。特殊部隊の一員として厳しい訓練に耐えていたが,2004年足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意の数ヶ月を過ごしたのちCIAの採用試験に合格した彼は「ザ・ヒル」と呼ばれる訓練センターでサイバー・セキュリティのノウハウをたたき込まれる。ここで指導教官オブライアン(リス・エヴァンス)にエンジニアとしての才能を見いだされた彼はCIAの情報システムに関する改善案をまとめるなど充実した日々を送る。

私生活でもネットで知りあったリンゼイ・ミルズ(シャイリーン・ウッドリー)という女性と交際するようになった彼だったが,2007年ジュネーヴにあるアメリカ国連代表部に派遣されたことからCIAの暗部に触れることになる。そこではCIAとNSAが協力し,諜報活動のターゲットはもちろん,一般市民のメールやチャット,SNSでの発言に至るまですべてを追跡,そうして得た情報を使ってテロとは無関係な人物をスパイとして使えるように工作していたのだ。愛する国のこの行為に納得できないスノーデンは帰国とともにCIAを辞職する。

しかし自身の才能が彼をそのシステムに縛りつける。民間のコンピュータ会社に職を得た彼だったがその勤務先は日本・横田のNSA関連施設,続いてハワイにあるNSAの地下施設で個人情報監視用の機密システムを管理することになる。奇しくもそのシステムはCIA時代に彼が開発したソフトウェアをベースにしており,国家による個人情報への違法なアクセスに関与していることに対する嫌悪に嘖まれる。そしてついにある日,彼は自分の知るすべてを明るみに出す決心を…。

厳重に管理されたハワイの基地内からどうやって機密情報を持ち出すか,このシーンをクライマックスに据えた演出はみごと。重厚な社会派ドラマであると同時に,はらはらどきどきする上質なサスペンスに仕上がっている。いや実際そのやりくちは見事ですよ。

もちろんスノーデンの行為(そしてアメリカ当局の行為)についての意見はいろいろだろう。映画のなかでスノーデンの上司が言うように「大抵の人間は自由より安全を望んでいる」のかも知れない。でもこれだけは間違いない。どんな意見のヒトであろうと,この映画観て帰ったらとりあえずパソコンについてるカメラのレンズをナニかで塞ぐよ。


「スノーデン」公式サイト
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project