【新作】『止められるか、俺たちを』(若松プロ・スコーレ・ハイクロスシネマトグラフィ,白石和彌,2018)

投稿ツリー

  • なし 【新作】『止められるか、俺たちを』(若松プロ・スコーレ・ハイクロスシネマトグラフィ,白石和彌,2018) (asanoha, 2018/10/14 21:51)

このトピックの投稿一覧へ

asanoha

なし 【新作】『止められるか、俺たちを』(若松プロ・スコーレ・ハイクロスシネマトグラフィ,白石和彌,2018)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2018/10/14 21:51
asanoha  半人前   投稿数: 21

本篇は,1965年に設立された若松プロダクションに,1969年に,縁
あって助監督として参加した吉積めぐみ(門脇麦)の眼を通して,1972
年当時までの若松プロの活動を撮ったものである.これはオリジナルであ
り,企画としては,非常に優れている.

本篇の題名は,この題名で若松孝二が撮る予定だったことに由来している.

若松孝二は2012年10月17日に,本当に情けない交通事故で亡くなっ
てしまった.『壁の中の秘事』で,主人公が述べていたセリフどおりの死に
方だった.

私も,映画人の梁山泊であった若松プロのことは,ある程度は知っているつ
もりだった.だが,本篇の主人公の吉積めぐみについては,何も知らなか
った.フィクションとして登場させたのかとすら思った.しかし,手許に
ある,幾本かの若松作品のDVD のライナーノーツを読むと,確かに吉積
めぐみ(吉積恵,吉積め組など)の名前が監督助手としてクレジットされて
いた.彼女のことは全然知らなかったし,うかつだった.

若松プロに参加しためぐみは,最初こそ必死に助監督の見習いとして,罵倒
されながらもせっせと動いていた.しかし,私が鑑賞したところでは,彼女
はだんだんと,映画にのめり込んでいかなくなる感じが増してきたような気
がする.覚めていく感じすらある.彼女自身,何を撮っていいのか分から
ない,といったように思えた.

若松は政治的活動も盛んだった.当時はベトナムだったが,彼の関心はア
ラブ,パレスチナだった.PFLP,日本赤軍(重信房子たち)とも交流が
あり,「性・暴力・革命」を声高に叫んでいるときだった.しかし,めぐ
みは,それに,今一歩乗り切れないでいた.興味がなさそうにも思えた.若
松プロ自体が政治色を強く進もうとする中で,めぐみは関心もなく1人取り
残されていた.ついていけない.若松の好意で,小品(もちろんピンク)を
1本監督するチャンスも与えられたにもかかわらず,それだけだった.

そこが本篇のポイントのような気がした.下宿ではウイスキーをよく飲んで
いたが,何か「逃避」のように思えた.将来の漠然とした「不安」なのだろ
うか.本篇の初見だけでは,そのところがよく判らなかった.門脇は,その
へんのアンニュイさ(とでもいうのだろうか)がよく出ていた.少し描写が
曖昧かなとも思ったが,あまり論理を振りかざすことなく,ぼんやりと演出
したほうがいいような気もした.

若松を演じた井浦新は,非常によく演じられていたと思う.若松の口癖であ
る「もうオレの視界に入るな」「もっと緊張して仕事をしろ」とスタッフを
叱咤するところなどは,思わず笑ってしまった.

監督の白石和彌が,一時,若松プロに出入りしていたことも,全く知らなか
った.若松から色々,有形無形の影響を受けたようだ.それが画面によく
表れ,オマージュとなっている.

もう,若松孝二のような映画人は,現れないだろう.また吉積めぐみのよう
な純粋な女性助監督が,将来,監督の機会が得られること,活躍することを
祈る.

公式ホームぺージ:
http://www.tomeore.com/index.html
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project