「バハールの涙」

投稿ツリー

  • なし 「バハールの涙」 (osono, 2019/7/2 23:54)

このトピックの投稿一覧へ

osono

なし 「バハールの涙」

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2019/7/2 23:54
osono  管理人   投稿数: 830
「バハールの涙」
http://bahar-movie.com/

「青い欲動」のエバ・ウッソン監督が、自らクルド人自治区に入り、女性戦闘員たちの取材にあたって描いき、「パターソン」のゴルシフテ・ファラハニが、捕虜となった息子の救出のためISと戦うこととなったクルド人女性戦士を演じるドラマ。

この映画の成功は、ゴルシフテ・ファラハニさんを主演に据えたことに尽きる、彼女の圧倒的な存在感が半端無いのです。
彼女の人生は諦めたような能面の様な目、そして黒豹の様な精悍な姿を観ただけで、この作品の中に引き込まれてしまうのです。

また、予告編では女性ジャーナリストのマチルドの存在に気がつきませんでしたが、彼女の存在が映画に深みを持たせています。
自分の大切な子供のために、クルド人女性武装部隊「太陽の女たち」のリーダーとして戦うバハールと、同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの思いが共感しあって、二人が共に行動することで、この作品に深みを与えている。

兵士となった彼女たちからは、女性武装部隊へ参加した勇気と、私と同じような過酷な運命に翻弄される人がいなくなるようにという想いが伝わってくる、
なお映画に描かれる、女性に殺されると天国へいけないとという宗教観(女性武装部隊が怖がられる所以)や、映画の前半で、クルド人自治区の町でISの襲撃を受け捕虜になった女性たちの人身売買も含めた性的な問題なども描かれ、見ごたえのある映画でした。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project