Re: 第18回(2013年)日本インターネット映画大賞投票要領(外国映画部門)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 第18回(2013年)日本インターネット映画大賞投票要領(外国映画部門)

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2014/1/13 19:11
シリウス 
『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「フェニックス 約束の歌」     10点
  「世界にひとつのプレイブック」   5点
  「ベルリン・ファイル」     5点
  「アンコール!!」      2点
  「エリジウム」    2点
  「オブリビオン」     2点
  「ゼロ・ダーク・サーティ」     2点
  「パシフィック・リム」    2点
  【コメント】
 「フェニックス」は何の情報も仕入れず観たけど、映画もまさに一期一会だと痛感させられた一作です。文句なしの素晴らしさ。昨年度で好きな作品として迷わず投票します。ホスピスを舞台にしているだけに、死は避けられないけど、それでも生きることの素晴らしさや喜びを描いた作品。特にフェニックスのライブシーンは、涙なしでは観られませんでした。エンディングでもまた涙。こうした映画と出会えると、自分も生きていて良かったと思えます。
「世界にひとつのプレイブック」も好きな作品です。ワケありの二人がダンスコンテストを通して、心を近づけていく過程がコミカルに描かれていて良いです。それにしても二人とも強烈なキャラクターの持ち主です(笑) 映画らしいラストも安心して観られました。やはり映画はハッピーエンドでないと。人生は何度でもやり直せるという映画としてはよくあるテーマを描いていて、好きなタイプの作品です。人生の再起を賭けて頑張ろうとしているその姿勢に共感出来ました。観ていて自分も頑張らなくちゃ、そんな風に思えました。
 アクションモノは好きなので、他にも候補はあったけど「ベルリン・ファイル」は、諜報の世界を描いた作品で、そのヒリヒリした緊張感がスクリーンから伝わってきました。あえてベルリンを舞台にして北と南の諜報員達が熾烈な情報戦を繰り広げると言うのが、個人的に興味深い点でした。銃撃シーンもリアルで見応え十分な作品でした。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ナム・テクス]        (「フェニックス 約束の歌」)
【コメント】
コミカルなシーンと涙腺を刺激する部分が丁寧に描けていて、優れた映画は国を越えて感動を伝えることが出来るのだと素直に思えました。テーマ事体が重いだけに、どう描くかが難しい点だと思うけど、笑ったり泣いたりといったバランス加減が丁寧に描けていたと思う。ありのままの人の姿を捉えていたという意味で。

【主演男優賞】
   [マット・デイモン]       (「エリジウム」)
【コメント】
「オブリビオン」も好きなのでトム・クルーズにしようかと迷ったけど、体に直接ボルトで格闘用のパワードスーツを装着するという斬新というか、荒っぽいガジェット満載の世界観に魅了されました。成り行きで戦うことになった主人公の哀しさも描かれていて、アクションだけでなくビターな作品に仕上がっているのも良かったです。

【主演女優賞】
   [ジェシカ・チャスティン]     (「ゼロ・ダーク・サーティ」)
【コメント】
アクションモノということで、注目していた作品です。CIAがビン・ラディンを追い詰めるという知られざる世界を描いているのも興味深いし、あえて危険な世界に身を置く彼女のプロ意識に目が離せませんでした。


【助演男優賞】
   [ 該当なし          ] (「        」)
【コメント】

【助演女優賞】
   [ジェニファー・ローレンス]  (「世界にひとつのプレイブック」)
【コメント】
主演かもしれないけど、彼女を投票しないではいられないので。かなり強烈な個性の女性だけど、それが嫌味なく魅力的に見えてしまうから不思議です。反省はしても後悔はしないといったニュアンスのセリフがあって、そのシーンは印象深かったです。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [該当なし           ] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
  「オブリビオン」
【コメント】
作中「青い影」が流れていて、前から聞いて知ってはいたけど、この作品を通して良い曲は時間を越えるのだと改めて思いました。確かに荒廃した世界で、この曲を聴いたら心も穏やかになるかも、何て思いました。おかげで最近聞く回数が増えました(笑)
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [これぞ男子の夢で賞]   (「パシフィック・リム」)
  
【コメント】
 子供の頃は怪獣とロボットが好きだった自分。それが今になって映画で体感出来るとは! 怪獣とロボットが戦うという、その設定だけで興味を持っていました。イェーガーのあの無骨過ぎるスタイルはどうなの?と思っていたけど、それが次第にカッコ良く見えてきました(笑) 互いに数十メートルの巨体をぶつけて戦うシーンは、この作品の真骨頂でまさに手に汗握る大迫力でした。心の中で拍手喝采状態。ここまでリアルさを求めて映画にしてしまうなんて、その熱意と想像力に脱帽してしまいます。個人的にはイェーガーに搭乗した際に、両手を合わせるシーンでこの監督は出来るな!(何を?)と思いました(笑)
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project