『赤い玉、』メイキング映像コメント抜粋

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

osono

なし 『赤い玉、』メイキング映像コメント抜粋

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 書き込み日時 2015/7/3 22:40
osono  管理人   投稿数: 830
『赤い玉、』メイキング映像コメント抜粋


映画監督としての仕事が減り、大学で映画を教えている主人公・時田は「老い」が「性」にも追いつく年で、葛藤と焦燥感に苛まれながらも、未だオスであり続けているという設定です。その時田が、担当しているゼミの映画制作で、濡れ場をきちんと撮らない現代の草食系の男子学生に、"オス、オスになれよ!”というセリフがあります。


奥田瑛二「"オスになれよ"というのは僕もずっと言ってきたこと。
"オス"が少なくなってきた。
"男性"が多く、"男"は少し上。"オス"がいない。
我々がオスなので、この若いやつらは、生涯俺たちが死ぬまで俺たちに勝てねぇなという風にずっと思っていた。
思っていて、若者たちと対峙しているというか、関わりを持つというのはダメだなと思った。こいつらを奮起しなくてはいかんと。」

高橋伴明監督「ちょっと前の時代は、いい意味でも悪い意味でも、男女不平等だった。その分男は責任を取っていた。
男女平等と言われてから、逆転しだしている。
逆転して、男女不平等なんじゃないか。
ガキの頃は責任のある立場にいたいと思っていたと思う。
そういう立場にならなければいけないというものがあったんだけれど、
(現代の学生たちは、)そういう立場になりたがっていない。」

奥田瑛二「映画をやるんであるならば、オスであり続けること。そうしないと優しさも生まれてこないし、引っ張っていく力も備わってこないと気がする。
今回も性のことをかなり深く扱っておりますけど、
人を愛したり別れたり惚れたりすることは、心の摩擦と肉体の摩擦がある。
昨今は肉体の摩擦がないものだから、心の摩擦もスクリーンに焼付かない。
アメリカにしろヨーロッパにしろ、トップスターは必ずそういうシーンがあればきちっと身を投げ出して全裸も厭わず、ちゃんと仕事をするのが普通なのに、
日本ではダメなので、それを引き戻したい。」

高橋伴明監督「(この映画で、京都造形芸術大学の学科長として、映画業界を目指している学生たちと日々過ごしていつも思っていた)”性表現から逃げるな”ということを伝えたかった。」
投票数:3 平均点:10.00

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project