「岸辺の旅」

投稿ツリー

  • なし 「岸辺の旅」 (osono, 2015/10/18 23:37)

このトピックの投稿一覧へ

osono

なし 「岸辺の旅」

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2015/10/18 23:37
osono  管理人   投稿数: 742
はじめの5分で夫の優介(浅野忠信)と妻の瑞希(深津絵里)のふたりの表情に魅力される。これだけで良い映画だと思う。浅野さんの声も心地よい、映画の良さは俳優でも決まるのか。

3年ぶりに突然、夫が帰ってきた。そして、帰宅した優介は瑞希に「俺、死んだよ。」と告げる。そして「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ。」という優介に誘われるまま、2人で旅に出る瑞希。そしてラストはあの安藤監督の「海を感じる時」のように喜びと安定が戻ってくる。

この映画には2つの違和感がある。一つは、幽霊が歩いて帰ってきたこと。あとは、その幽霊たちの消えかたである。
雨月物語だったか、小学校のころ読んだ古典で、妻との明日会う約束を果たすため、幽霊は1日に20里?を走れるということから、死んで妻に会いにいった武士の話しが忘れられず、幽霊=歩くに納得いかん。えー、歩いてもいいじゃん!と言われれば、それもありかもしれないが、個人的に許せん!。

あとは、ひとつめの町での新聞配達を生業とする孤独な初老(小松政夫)の男性の消滅、これは怪奇映画好きなら普通に受け入れられる、いわゆる妖怪の魔力的な幻影の消滅も伴い起こる。・・でも、なぜ鉄鍋を使ったこと?で消滅するのか意味がわからない。つぎは山奥の農園で暮らす家族の夫の消滅、「回路」的な雰囲気で・・悪霊はこのパターンですか?と思う。最後は夫の優介の消滅は、まえの2つとも異なり、自然に消えていく。

映画の中で、全て説明するひつようもなく、監督の中には全て意味のある理であるのであろうが、見たあとに、このような事が消化しきれないで心の中に小さな石として残る。

監督: 黒沢清
出演: 深津絵里、浅野忠信、小松政夫、村岡希美、奥貫薫
上映時間:128分
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project