「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN PART2」

投稿ツリー

  • なし 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN PART2」 (OSONO, 2015/11/23 20:34)

このトピックの投稿一覧へ

なし 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN PART2」

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2015/11/23 20:34
OSONO 
面白い
特にPART2後半からの原作から離れたストーリーに面白みがある。
まあ、前編でもミカサ: 水原希子さんの設定は、崩れていたというか汚れていたが、その彼女をここまで聖女の様に盲目になれるエレンがここにいて、彼女と主人公のエレン: 三浦春馬さんがラスト希望を語る(美しい!)そして、お約束のように、火星人みたいなナレーションが入る。「あいつら、かべにあがったよー」みたいな。

この火星人のセリフいらないでしょう。壁の外はどうなっているかを最後まで見せず(アニメでは、ここが全体の1/3くらいの戦場になっているに省いたのはあっぱれ)このラストはなるほどと賞賛するしかない、素晴らしさ!
で、この火星人(あえて言うと^^;)のセリフがなぜいらないかと言うと、この壁の外の景色から、海から巨人が出てこない限り壁を攻めてこれない海との距離から、次の進撃の巨人の続編はないでしょう!と思うので、「アイアンマン」のエンデングのラストの次に続く映像みたいなセリフはいらないなーと思ったというか、もったいない。あの二人のラストが汚されように感じた。

篠田正浩監督?のアニメ作品の「カムイ伝」(観たとおもいますが、ナレーションと紙芝居みたいな映画だった)だったか、誰の評かも忘れてしまいましたが、この作品に対して、映画はアニメに寄り添う必要はない、映画は映画であって、この作品の失敗は、アニメによりそいすぎたためである。というような評だった。あえて言えば原作に寄りそいすぎる・・それが映画にとって「悪」とすれば、いや、「悪」にはならないとおもいますが、監督のイマジネーションか

あー、書いていて、昔見た洋画ですが、あの「日の名残り」のラストの5分の残念なことよ!と思い出してしまいましたが、ホプキンスが待つ、再会する彼女があんなにケバケバしくなくていいのです。洗いざらしたワンピースでも。あの彼女のケバケバしさに、いままでの感動がというか、原作に勝てるかもしれないこの作品が、一瞬のうちに崩れ去った記憶が思い出されてしまった。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project