「アカルイミライ」

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2019/7/3 0:02
osono  管理人   投稿数: 840
ネタバレあります







「アカルイミライ」
☆☆☆☆☆
https://eiga.com/movie/1310/



このラストがいいですね、それに主題歌がよくて


公開当時、映画を観終わってから、歌を口ずさみながら


帰途についたのはひざしぶり。


(終わってから口ずさめるというのは、映画もよいし、


メロディーも 万人受けするフレーズなのでしょう)



へー、そうなのと思ったのは、



途中オダギリさんと竜也さんが(役名はわすれました(笑))


和解して、「君を、君たちを許す」というセリフはちょっと言い過ぎで臭かったな。


(ラストを観て、なるほどねと思うのですが)



またクラゲを追いかけていくシーンで、



青年の「また。戻ってきますよ」というセリフと壮年の「今しかない」


というセリフは


逆転のセリフにもとれて、狂ったほどクラゲに執着をもっていた青年と



坦々とすべき壮年の考えが


(そう言わせたのも判る気もするが)逆でもありえる面白さが


ありました。



それに、竜也さんの人格/弱さ、あの息子にあったシーンで


追いかける時は、


1発なぐるのかな(笑)と思いましたが。


離婚、現在の環境、生活からそのような人物設定も有りかと


思ったり。



あとは、カメラへの雨や、


ラストのシーンで、(じゃまな)交通整理のおいちゃんが



入らない様にできそうですが、



まー撮り直しは無しだったんだなと思ったりしてました。



それにラスト、藤竜也さんが浅野さんの幽体を見つけるあたりで



これは クラゲに刺されて、その後、藤さんも亡くなった設定かも?



思いましたが


(オダギリさんがいないことも含め)、



でも「ここにいていいよ」という所で


浅野さんを見せずにその位置で、頭をなぜるカットで、


あー実存かなと思ったり。



全体的に若者たちへの賛歌だと思いました、



それであのラストが活きてくる感じ。
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project