「火口のふたり」

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2019/7/5 23:13
osono  管理人   投稿数: 840
「火口のふたり」
☆☆☆☆☆
http://kakounofutari-movie.jp/

感想書くのに、何から話そうかなと思っていたが、やはり、始めは 
面白かったか、つまらなかったかを書こうと思う。

この作品は面白いです^^)

エロくて、昔の自分たち、二人を思い出させる、
そんな優しい、ハネムーンと言える人生の時期の、束の間の物語。
それに、荒井監督は多方面の作品を作って(脚本、監督で)いますが、
この作品は、最後のロマンポルノの作品となるかもしれないと思います。

あと、そうですね・・ あと15年ぐらい経ってから、孫が20歳くらいになってから、
この映画を観て
孫「おじいちゃん、「火口の二人」って言う映画知ってる?」と聞かれたら
私「ああー、あれか、あのソファーをバンバン 叩くやつだな」
孫「そうそう!それ!」と
孫と一緒に話しているかもしれない。

そんな作品に なるである と思う 。
そのころは あの、「幻の湖」のような、そんなカルト的な映画になるかもしれない 。
昔、洋画専門館の脇に、ロマンポルノの映画館がある頃は、
通常の劇場で武智監督の「白中夢」などがが掛かっていても、違和感が無かったが、
そのようなロマンポルノが掛かる映画館が少なくなり、免疫がない今、

この映画を一人で観るのは、勇気がいるかな?、そうでもないか・・・
と思いながら観ていて、あの時代を思い、これはロマンポルノだと思った。

この映画をロマンポルノと定義すのも間違いではないと思う。
見終わったあと、文学がエロスのカッパを着て歩いてるような?映画であり、
または、エロスと文学という 二人の子供が連れそって歩いてるような、
そんな二つの子が仲良く バランスよく、戯れてるような作品に思え、このバランスが
作品の魅力になっていると思う。

それに、この作品、吉行淳之介さんの『驟雨』か『砂の上・・』にも似た同じ匂いがする。
まあー、私はこのような映画が好きなんだと思います。

男はみんなそうだろうなと思うが、この作品、試写などでは女性に人気があるらしい。
観終わると、女が男を手玉に取った話、ともいえなくもないので、女性に人気があるのも判る気がする。

あと、素晴らしいのが挿入歌である。
この作品の挿入歌には、荒井監督の好みであるが下田逸郎さんの曲が重要なシーン使われている、
歌うは、下村陽子さんで、彼女の歌声はスローで心温まる。
私がこの映画の出だしで、失敗したのが、オープニングでの伊藤ゆかりさんの曲に気をつけなかったこと。
残念だったー、

見れば、判りますが、映画の彼女のアルバムから始まるシーンは、
凄くこの白黒写真がエロくて、吸い寄せられてしまって(笑)、まじ興奮して!
バック音楽を聴く余裕がなかったのです。


これから観る方は、私と同じく興奮して、この伊藤ゆかりさが歌う曲「早く抱いて」を聞き逃さないようにしてください。
「早く抱いて」か・・この曲から、物語が・・ 彼女の進撃は始まっていたのですね。

エロス+海綿体 +彼女
この映画で好きなシーンが、彼のあれが腫れて使えない時期に スーパーで買い物中に、
彼女が「あれ、大丈夫?」
彼が「直ったみたい^^)」
彼女「やったー!^^」いう彼女の束の間の笑顔が、微笑ましいのです。


そんな事をいう彼女とは思っていなかったので、そう言い合える二人が、
純粋に彼ともSEXが出来る歓びがとても素直で美しいのです。

あと、プレスを読んで、なるほどと思ったのが、
彼がビルの狭間で(オーロラセックスじゃないが)したがる。
そのシーンを見て、彼女もそれが好きだったと思っていたら、
あとで、「私、あれ好きじゃなった、あなたが好きだったから従っただけ」という、
男はそういう数々の誤解と間違いを犯してきてるのだと思ったら、冷や汗が出たという、
話には、あるよなーと、なぜか納得してしまのです。

そんなこと、あんなことを、色々と思い出させる 面白い映画でした。
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project