「宮本から君へ」

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2019/10/9 0:20
osono  管理人   投稿数: 840
「宮本から君へ」
https://eiga.com/movie/90564/
☆☆☆☆




映画としては完成されていて、面白いです。



漫画は大ファン
ドラマは何回か観ましたが、あのドラマからこんな映画になるとは思わなかった、アッパレです!







セブンイレブンに行ったら厚い単行本(漫画)2巻で「宮本から君へ」棚にならんでました、映画で使ったあの話をメインにしているのでしょう(立ち読みしなかったので本当のところは不明)







でも、やっぱり宮本はいいわ、めんどくさい!漫画読んでも応援半分、めんどくさい半分だし、映画みたら、もっと面倒くさいわ。
メインにあの話を持ってくるのは正解で、出だしのシーンも観る側の心を掴み正解だと思いました(オープニングはこれで来ましたかと思った・・おのずと作品の流れもわかるというもの)



あと、井浦新さんが、自然体でいいでね、今WOWOWで「止めるな俺たち」を観てましたが、数段この映画のほうが良い。







下記は映画の解説です、
(映画.com から転記させて頂きました)


テレビドラマ化もされた新井英樹の人気漫画を池松壮亮主演、 ヒロイン役を蒼井優のキャストで実写映画化。「ディストラクションベイビーズ」の真利子哲也監督がメガホンをとった。超不器用人間ながら誰よりも正義感の強い宮本浩は、文具メーカーで営業マンとして働いていた。会社の先輩である神保の仕事仲間、中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に招かれるが、そこに靖子の元彼である裕二がやってくる。靖子は裕二を拒むために宮本と寝たことを伝えるが、激怒した裕二は靖子に手を挙げてしまう。そんな裕二に、宮本は「この女は俺が守る」と言い放ったことをきっかけに、宮本と靖子は心から結ばれるが……。宮本役を池松、靖子役を蒼井、神保役を松山ケンイチらドラマ版のキャストが顔をそろえるほか、裕二役を井浦新が演じる。

2019年製作/129分/R15+/日本
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project