ハリウッド・レポーターが選ぶ、2010年代のベスト映画10本


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2020/1/9 23:41
osono  管理人   投稿数: 942
https://eiga.com/news/20200102/2/

[映画.com ニュース]米ハリウッド・レポーターのベテラン映画批評家トッド・マッカーシーが、2010年代のベスト映画10本を選出した。

1位は、オリビエ・アサイヤス監督、エドガー・ラミレス主演「カルロス」。ベネズエラ生まれの伝説のテロリスト、イリッチ・ラミレス・サンチェス(通称カルロス)を題材にした約5時間30分の大作で、カルロスが関与した実際の事件の多くを交え、94年スーダンの首都で逮捕されるまでの20年間を濃密に描いた。

2位は、SNS全盛期の幕開けに公開された「ソーシャル・ネットワーク」。デビッド・フィンチャー監督、ジェシー・アイゼンバーグ主演の同作は、ハーバード大学に通う19歳のマーク・ザッカーバーグが世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」を創設し、時代の寵児となる一方、孤立を深めていく内幕を描いた。

3位は、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督が、ボブ・ディランにも影響を与えたという1960年代のフォークシーンを代表するミュージシャン、デイブ・バン・ロンクをモデルに、売れない若手フォークシンガーを描いた「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」。4位は、ジム・ジャームッシュ監督による異色の吸血鬼ラブストーリー「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」。5位は、令嬢とメイドが閉ざされた空間で快楽にのめり込んでいくパク・チャヌク監督のサスペンス「お嬢さん」だった。

10作品は以下の通り。

1. 「カルロス」(2010)
2. 「ソーシャル・ネットワーク」(2010)
3. 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(2013)
4. 「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(2014)
5. 「お嬢さん」(2016)
6. 「裁かれるは善人のみ」(2014)
7. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(2019)
8. 「ブルックリン」(2015)
9. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015)
10. 「The Gatekeepers」(2012)
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project