追悼 高倉健

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2014/11/24 8:54
asanoha  新米   投稿数: 19
高倉健が逝ってしまった.

人は,高倉健のことを「映画俳優」と呼ぶが,僕には違和感がある.彼には「銀幕のス
ター」という形容がふさわしい.

もう,「銀幕」という言葉は死語になってしまったようだ.

「現実」の世界からかけ離れ,色々な夢やエンターテイメントを提供してくれた「銀
幕」の世界.今の映画の出演者は,テレビに出演したり,ワイドショーで採り上げられ
たり,私生活を切り売りしたりして,現実味を帯びてしまっているが,高倉健は,「現
実」と「銀幕」との間に,明らかに一線を画しており,観客が「銀幕」の世界にに飛び
込んでいくことを,かたくなに拒否しているようにも見える.それだけ,高倉健は,ま
さに「スター」だった.いくら自分で,手を伸ばそうが,飛び上がろうが,決して届か
ない「スター」.そうか.今では,もう,「スター」という言葉も聞かない.

高倉健は,「銀幕のスター」であり続けるために,「銀幕」以外での露出を極端に嫌っ
た.それだけに,余計,彼が気高く見える.

「銀幕のスター」の双璧として,石原裕次郎を挙げる人は多いだろう.確かに,彼も映
画には拘った.しかし,私生活はオープンだったし,自身でプロダクションを立ち上
げ,映画製作の乗り出したことから,経営が火の車になってしまい,本人の意思に反し
て,テレビ出演に踏み切らざるを得なかったという事情がある.それが『太陽にほえ
ろ』であった.この番組が大当たりして長寿番組になったことは,ご存じのことと思
う.あまりにも,その印象が強いため,僕には,石原裕次郎が「銀幕のスター」だとい
うイメージが,今一つ,ピンとこない.

僕の知る限り,高倉健が連続テレビドラマに出演したのは,1977年にTBS系列で放映
された『あにき』一つだけだと思う.それも,本人の意思ではなく,国の母親が「何で
テレビに出ないの? 毎週,元気な姿を見せて欲しい」という懇願があってのことと聞
いている.ただし,なぜかCM出演は比較的多かった.新聞記事によると13社だそう
だ.後年では「永谷園」や「健康家族」のような,比較的マイナーな会社のCMにも出
演している.そこには,映画から解放された,「地」の高倉健があった.そこで,ファ
ンは,彼が「不器用」だったことを知る.

石原裕次郎の所属した日活は,東映とは違い,俳優たちの仲間意識が非常に強く,みん
なで楽しく映画を作り,私生活も分かち合おうという気持ちも強かったように思う.日
活と東映という,全く土壌が違う映画会社が生み出した二人の「銀幕のスター」.おの
ずと,その性格も違ってくるようだ.

東宝では加山雄三がいた.しかし,主演作が「若大将シリーズ」一本であり,話も凡作
で,あまりにも親しみやすく,少なくとも映画の世界ではカリスマにはなれなかった.

大映では,市川雷蔵と勝新太郎がいた.しかし,市川雷蔵は,本当に「銀幕のスター」
だと思ったが,あまりにも短命だった.勝新太郎は,アクの強さもあり大衆の心までは
掴みきれなかったし,勝プロの倒産以降,身動きがとれなくなってしまった.

1955年に東映に入社して1971年に退社するまでと,それ以降,特に1975年の『新幹線大
爆破』以降では,その役柄がかなり広がった.「ヤクザ」「任侠」だけでは自分の演技
に限界が来ると考えた高倉健は正解だった.後年の数々の名作をここで挙げるのは,野
暮というものだろう.

しかし,高倉健の代表作を一つ挙げるとすれば,僕は『昭和残侠伝』シリーズを推す.

後年の高倉健の役柄では,比較的,それこそ「不器用」で,穏やかで抑制した演技が目
立ったが,『昭和残侠伝』では,その血気盛んな性格が,背に入れた唐獅子牡丹のスミ
にも,よく表れている.

作品としては,悪役も,ヒロインも,毎回,東映のおなじみの面々ばかりで,プログラ
ム・ピクチャが陥りがちな,ある種の「予定調和」の世界も禁じ得ないのだが,本篇は
それを逆手にとっている.あまりにも不条理な(というか,あまりにも無茶な)抑圧に
対し,本当に最後の最後で「死んで貰うぜ」という決めゼリフで,勧善懲悪という単純
な話を,見事なまでに,カタルシスに昇華させることに成功している.当時,抑圧され
て,かつ,分裂や内紛,内ゲバを繰り返していた全共闘世代が,共感するのも,その部
分だったと思う.彼らの政治思想はともかく,思い切り快哉を叫びたくなるような内容
であったことには間違いない.

また,本シリーズを通しての,池部良との共演は,本篇の決定的な部分を担っている.
池部良は,どちらかと言えば,一本筋の通った,堅気の渡世人の役のように思え,その
性格は,高倉健とは正反対の,体のどこにもスミで汚さない,穏やかさと孤高さを醸し
出している.高倉健の「動」に対し池部良の「静」.そのマッチングが非常に卓越して
いる.あまり目立たないが,池部良にも「ご一緒,願います」という有名な決めゼリフ
が一か所だけある.この性格の違う二人が,お互いにお互いを認め合い,助け合い,事
を成就する姿は,献身の姿もあり美しい.高倉健は東映育ちだが,池部良は東宝育ちで
ある.東映からの出演依頼の条件の一つとして,彼は「必ず殺されること」を挙げてい
たという.渡世人は必ず惨め最期を送るいう考えがあったのだろう.いかにも彼らし
い.

高倉健の私生活は謎とされているが,僕は,彼にはむしろ私生活はなかったと思う.す
べてを映画に捧げていた.もし,彼に私生活があるとすれば,それは,江利チエミとの
幸せな結婚生活であり,二人の間に授かったにも関わらずこの世に生を受けられなかっ
た子供であり,江利チエミとの本当に苦渋に満ちた離婚だけだったと思う.もし,江利
チエミとの幸せな生活が続き,子供にも恵まれていたら,全然別の高倉健があっただろ
う.

後年の高倉健は,叙勲などもあり,あまりにも「俳優としての責任」を負わされてしま
った.「高倉健」があまりにも全面に出てしまい,出演作品も限られてしまった.ま
た,俳優の収入面での地位向上を目的に,日本一のギャラにも拘った.彼は苦しかった
と思う.

今,高倉健は,桎梏の映画から解放されて,江利チエミや,子供や,実の妹のように可
愛がっていた大原麗子に囲まれて,頬が緩みっぱなしではないだろうか.これが,本当
の「冥福」というものなのだろう.(了)


投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project