9/12公開の高橋伴明監督・奥田瑛二さん主演『赤い玉、』

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 書き込み日時 2015/7/3 22:39
osono  管理人   投稿数: 742
■『赤い玉、』9/12公開

『赤い玉、』は、人生の半分を過ぎようとする男たちが探し続けている
”不確かなもの、”人間が誰しも経験する”老い”が”性”にも追いつく時間を
葛藤と焦燥感に苛まれ、それでも求め続けるしかない人生を描いています。
奥田さんは、伴明監督が、「奥田さんと僕は同い年(65才)だけれど、
60才を過ぎても私とは違って色恋沙汰にまっすぐ進む雰囲気がある。
まだ雄であろうとしているイメージだから当て書きした」等と話されていて、
映画の内容はタブー的な内容で、あまり語られていない内容ですし、
興味深い内容ではないかと思います。

メイキング映像から、「オスになれよ!」という伴明監督が書いた
セリフについての話などを抜粋してみました。
草食化してしまっている若者・映画業界への喝となっています。


監督・高橋伴明、主演・奥田瑛二。人間の深淵を、まさぐるように表現する2人が組むことで描かれる”生”と”性”の饗宴。「丘を越えて」「禅 ZEN」「道~白磁の人~」などの人間ドラマで充実期を迎えた高橋伴明監
督が、日本映画初のヘアヌードで話題となった「愛の新世界」(主演:鈴木砂羽)から20年ぶりのエロスに挑んだ、この秋話題の1本!

一般映画初監督作品「TATTOO<刺青>あり」でヒロインを演じた女優の高橋惠子の夫としても有名な監督・高橋伴明は、1994年、島本慶のエッセイと荒木経惟の写真を融合させた同名の写真集を映画化した「愛の新世界」
で、SMクラブの女王様として働きながら劇団女優への道を進む若い女性と、ホテトルで働きながらいつか玉の輿に乗ろうとしている現代娘の姿をR-18指定作品として撮り、94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第9位に選ばれた。その高橋伴明監督が、20年後の今、人生の半分を過ぎようとする男たちが探し続けている”不確かなもの、”人間が誰しも経験する”老い”が”性”にも追いつく時間を葛藤と焦燥感に苛まれ、それでも求め続けるしかない人生を描く。

「みっともなさの中にこそ人間の人間たるゆえんがある」と嘘ぶく主人公・映画監督・時田には奥田瑛二。時田の愛人・唯には名監督のもと実績を積み重ねてきた不二子、時田の人生を狂わせる女子高生・律子にはオーディションで選ばれた期待の新人・村上由規乃、同じく学生からオーディションで選ばれた土居志央梨、花岡翔太、さらに、柄本佑、高橋惠子らが集結。ご高覧下さい。


●あらすじ:大学で映画撮影の教鞭をとりながら、自らは新作映画の撮影に入れないでいる映画監督・時田修次。映画とは自らの経験が投影される、そう考えている時田は、まるで自分が映画の登場人物ででもあるかのように人生を流浪しているようにも見える。新作の脚本にとりかかる時田の私生活には、30 代の、理解のある美しい女・唯がいるが、その現実から虚構(映画)の世界に誘うように時田の前に現れる一人の女子高生・律子。世界の境界さえも喪失していくように、いつしか律子の存在が時田自身の人生を狂わせていく……。

●出演:奥田瑛二
不二子 村上由規乃 花岡翔太 土居志央梨
柄本佑 高橋惠子

●監督・脚本:高橋伴明
●製作:高橋惠子・小林良二・塩月隆史
●プロデューサー:大日方教史
●音楽:安川午朗
●撮影監督:小川真司
●編集:鈴木歓
●公式サイト:http://akaitama.com/
●公式 Twitter:akaitama_movie
●宣伝・配給:渋谷プロダクション
●制作プロダクション:北白川派
●製作:「赤い玉、」製作委員会(ブロウアップ・渋谷プロダクション・ラフター)
●公開:2015 年 9 月 12 日よりテアトル新宿他にて全国ロードショー

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 書き込み日時 2015/7/3 22:40
osono  管理人   投稿数: 742
『赤い玉、』メイキング映像コメント抜粋


映画監督としての仕事が減り、大学で映画を教えている主人公・時田は「老い」が「性」にも追いつく年で、葛藤と焦燥感に苛まれながらも、未だオスであり続けているという設定です。その時田が、担当しているゼミの映画制作で、濡れ場をきちんと撮らない現代の草食系の男子学生に、"オス、オスになれよ!”というセリフがあります。


奥田瑛二「"オスになれよ"というのは僕もずっと言ってきたこと。
"オス"が少なくなってきた。
"男性"が多く、"男"は少し上。"オス"がいない。
我々がオスなので、この若いやつらは、生涯俺たちが死ぬまで俺たちに勝てねぇなという風にずっと思っていた。
思っていて、若者たちと対峙しているというか、関わりを持つというのはダメだなと思った。こいつらを奮起しなくてはいかんと。」

高橋伴明監督「ちょっと前の時代は、いい意味でも悪い意味でも、男女不平等だった。その分男は責任を取っていた。
男女平等と言われてから、逆転しだしている。
逆転して、男女不平等なんじゃないか。
ガキの頃は責任のある立場にいたいと思っていたと思う。
そういう立場にならなければいけないというものがあったんだけれど、
(現代の学生たちは、)そういう立場になりたがっていない。」

奥田瑛二「映画をやるんであるならば、オスであり続けること。そうしないと優しさも生まれてこないし、引っ張っていく力も備わってこないと気がする。
今回も性のことをかなり深く扱っておりますけど、
人を愛したり別れたり惚れたりすることは、心の摩擦と肉体の摩擦がある。
昨今は肉体の摩擦がないものだから、心の摩擦もスクリーンに焼付かない。
アメリカにしろヨーロッパにしろ、トップスターは必ずそういうシーンがあればきちっと身を投げ出して全裸も厭わず、ちゃんと仕事をするのが普通なのに、
日本ではダメなので、それを引き戻したい。」

高橋伴明監督「(この映画で、京都造形芸術大学の学科長として、映画業界を目指している学生たちと日々過ごしていつも思っていた)”性表現から逃げるな”ということを伝えたかった。」
投票数:3 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2015/7/3 22:49
osono  管理人   投稿数: 742
渋谷プロダクションの登山さんから


私が宣伝を担当しております、9/12 公開の映画『赤い玉、』(主演:奥田瑛二)にご出演の若手の女優さんたちの将来が期待されているので、 ぜひご紹介いただきたく


■『赤い玉、』
(ベルリン国際映画祭で女優賞を受賞した黒木華さんを輩出した
京都造形芸術大学の俳優コースのオーディションで選ばれた 2 人です。)

・村上由規乃さん(21)

ポスターにも出ている奥田瑛二さんを翻弄する女子高生役で、
奥田瑛二さん相手に体当たりの演技をされています。
高橋惠子さんの旦那さんとしても有名な高橋伴明監督が、
学生たちが、撮影することも、演じることも含め、
性表現から逃げているように感じ、そこから逃げるな、
ということをアピールするためにもこの作品を作ったと
おっしゃっている通り、
ラブホテルのシーンも含め、
ベテラン相手に堂々とした演技をされています。


・土居志央梨さん(22)

伴明監督が、
「俳優としても勘がいいので、唯一"私は律子役がやりたい"と言ってきた。
他の子は皆愛子をやりたいと来たんだけれど、
土居はホンを読めているな、わかっているなと思った。
ただ、並べてみると、女子大生に見えたので、
バランスの関係で愛子にした。あれはもう女優ですよ。
さっさと事務所に入りましたしね。」と絶賛していました。

奥田瑛二さんに「次の彼女にして」と言うシーンはあるものの、
ヌードで挑んだ濡れ場は、他の役者さんとの絡みです。

投票数:4 平均点:10.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project