「バット・オンリー・ラブ」

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2015/9/16 23:20 | 最終変更
osono  管理人   投稿数: 740
2016年公開の作品、湯布院映画祭で鑑賞
http://www.cinematoday.jp/page/N0076067

主題は「愛しか、人の心は壊せない」でしょう。18年ぶりの佐野監督の作品です、ぜひ見てください。

今年、松井監督繋がりで「追悼のざわめき」をK’sシネマで観たときのゲストがたまたま、佐野監督だった。その時トーク(手記)を聞いていて、今回あって話せたのは感動ものでした。

湯布院映画のパンフレットに載っている、佐野監督の寄稿文の出だしが
いいのです。

『「夢」がないのに
 「夢」をうることなどは・・・・・
 とても嘘をついてもばれるものです

 70年代に自死したCFデレクター・杉山登志のこの一部は
 映画を撮らなかった十何年かの空白の「言い訳」に近似いています
 ・・・・』
 とはじまり、そしてその寄稿文の最後は、完成した映画をみて、
  
 「夢」が戻ったのです
 「夢」を追い続けます
 「映画」は嘘ですが「本物」を映します

  今の心境です。みんな楽しい現場をありがとう!

 と、締めくくってます。

 これを読んで、あー なんて幸せな監督だろうと思ったし

 湯布院で映画をみた夜 監督にあい、監督に焼酎ロックを何度も運んでいて、
 酔いながら、ニコニコしてる幸せに、私もほんわかした
 1日でした。
 



投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project