「天空の蜂」 堤幸彦監督

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2015/9/18 11:14
SnakeHole  一人前   投稿数: 87
1995年8月,海上自衛隊への正式納入を控えた軍用ヘリコプター,通称ビッグBの領収飛行が行われるその日,このヘリの開発責任者である錦重工業航空事業本部の湯原(江口洋介)は,妻・篤子(石橋けい)と息子・高彦を伴って小牧にある同社の試験飛行場に到着。湯原にしてみれば普段仕事一辺倒でおろそかになっている家族サービスのつもりであったが,篤子はそうは受け取っておらず些細なことから口論になる。

父母の間に流れる冷たい空気から逃れ,父の同僚・山下(カゴシマジロー)の息子・恵太を誘って格納庫に忍び込んだ高彦。開いていた後部搬入口から機内に入ってあれこれ見ていると,突然計器にあかりが灯りエンジンが唸り始める。最新型の遠隔操作機能。驚きに声も出でない二人の子供を乗せたまま屋外に出たビッグBはそのまま飛び立とうとする。

騒ぎに気付きかけつけた湯原と山下は舞い上がりかけた機体から飛び降りるよう子供らに叫ぶ。恵太はなんとか飛び降りたが,その奥にいた高彦はタイミングを逸し,ヘリはいずこかへ飛び去ってしまう。そして数時間後,福井県にある高速増殖炉「新陽」の上空にその威容を表すと同時に,ヘリを奪取したという犯人から政府に脅迫状が届く。文面は,現在日本にある原発をすべて停止,破壊せよ,さもなくばビッグBを新陽の原子炉に墜落させる,というものだった。

ビッグBの開発者,そして犯人さえ意図していなかった「人質」の父親として新陽に向かう湯原。そこには同じ錦重工業の社員で,新陽の建設に関わった原子炉技術者・三島(本木雅弘)も召集されていた。息子の救出を懇願する湯原に,三島は冷たく「息子から目を離すなんて父親の資格がないんぢゃないのか」と言い放つ。三島は数年前,中学生だった息子に自殺されていた…。

ヤマ場は二つ,まず原子炉建屋上空に浮かぶ鉄の要塞に閉じ込められた少年の救出作戦。これは文句なしにすばらしい。いや手に汗握るよホンマ。そして当然ながら犯人は捕まるのか,ヘリはどうなるのか,日本はどうなるのか。ネタバレ避けてそこに言及するのは難しいのだが,単に原発への賛否を言うのではなくその存在が社会や人間に及ぼす影響を多角的に描いていて好印象。

20年前に東野圭吾がこの原作を描いた時は「映像化不可能」と言われたそうな。それを可能にしたのはもちろんコンピュータ・グラフィックスの進歩なんだが,併せて東日本大震災による福島第一原発の事故の生々しい現実感というのもある気がする。なんつかな,あの事故を経験して,20年前の小説で三島の息子が背負わされてしまったものをようやくみんなが身近に感じるようになったというか。

つうわけで久々に満足できる邦画大作だったんだが,ただ,これはこっちもプロとして一つだけ,ラスト近くで犯人から送信されずに終わるメールについて。時間指定送信するにしてもあんなケレン味たっぷりかつ低速なメール送信ソフトはありません。いくらなんでも演出過多だろあれは。

オフィシャルサイト:http://tenkunohachi.jp
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project