ジャパンタイムズ(The Japan Times)紙|「2015年 日本映画ベストテン」(マーク・シリング氏 選)

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2015/12/26 23:37
osono  管理人   投稿数: 742
出典:http://aw5656.blog.so-net.ne.jp/2015-12-25

ジャパンタイムズ(The Japan Times)紙 マーク・シリング(Mark Schilling)氏による「2015年(日本映画)ベストテン」
Top 10 films of 2015: War, slackers and a love hotel

War, slackers and a love hotel(戦争、無気力で無目的な若者〔ゴミクズ同然の人〕たち、そしてラブホテル)



01.
恋人たち
英題:Three Stories of Love
監督:橋口亮輔 Ryosuke Hashiguchi




02.
野火
英題:Fires on the Plain
監督:塚本晋也 Shinya Tsukamoto




03.
百円の恋
英題:100 Yen Love
監督:武正晴 Masaharu Take




04.
海街diary
英題:Our Little Sister
監督:是枝裕和 Hirokazu Koreeda




05.
さよなら歌舞伎町
英題:Kabukicho Love Hotel
監督:廣木隆一 Ryuichi Hiroki




06.
きみはいい子
英題:Being Good
監督:呉美保 Mipo Oh




07.
お盆の弟
英題:Obon Brothers
監督:大崎章 Akira Ohsaki




08.
バクマン。
英題:Bakuman
監督:大根仁 Hitoshi Ohne




09.
ロマンス
英題:Round Trip Heart
監督:タナダユキ Yuki Tanada




10.
螺旋銀河(らせんぎんが)
英題:Antonym
監督:草野なつか Natsuka Kusano




マーク・シリング氏は記事の中で「日本映画の現状に関して楽観的にはなれない。その一因には中規模予算映画の衰退がある。才能ある多くの監督たちは完全に商業的になるかまたは極度にインディ化していっている。小規模予算の映画自体は劣っているわけではないけれど、題材(主題)が限定的になる傾向にある(=同じような題材の作品ばかりになりがち)」(※意訳含む)と述べています。

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project