【旧作】『白い指の戯れ』(日活,村川透,1972)

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2016/11/20 1:19
asanoha  新米   投稿数: 19
今年は,「日活(にっかつ)ロマンポルノ」が封切られてから,(少し半端
だが)45周年になるという.

1971年11月20日.そう,今から45年前のまさに今日,日活は,『色暦
大奥秘話』(林功)と『団地妻・昼下がりの情事』(西村昭五郎)の2本
で,「日活ロマンポルノ」の産声を高らかにあげた.以来,1988年5月28
日封切の『ベッド・パートナー』(後藤大輔)と『ラブ・ゲームは終わら
ない』(金澤克次)で,その終焉を告げるまで,実に約16年半,「日活ロ
マンポルノ」は様々な功罪を生み,様々な毀誉褒貶に晒されて,その役目を
終えた.

日活では,その45周年の記念として,「日活ロマンポルノリブートプロジ
ェクト」と銘打ち,塩田明彦,白石和彌,園子温,中田秀夫,行定勲とい
う,まさに現代を代表する5人の監督にロマンポルノを撮らせ,順次公開し
ていくと言う.

私も,日活ロマンポルノはずいぶん観たし,思い出深い作品も多い.45周
年を記念して,私も,その中から何か書こうと思い,熟慮の上,本篇を選
んだ.選考の理由は,まだ,「日活ロマンポルノ」の黎明期の作品であり,
また,本篇に先立って同年公開された『恋の狩人 ラブ・ハンター』(山口
清一郎)が警視庁に摘発され,現場が混乱していたときの作品だからであ
る.

監督の村川透は,1959年に日活に入社.主に舛田利雄監督に師事し,本篇
が監督第1作となる.35歳での監督デビューである.後に彼は,名優・松
田優作の篤い信頼を得て,彼の主な出演作品を監督するようになったのは,
有名な話である.しかし,最近は,活躍の場をテレビに移したようで,映画
は撮っていない.

本篇の脚本は,神代辰巳(苗字は「クマシロ」と読む)と村川透との連名に
なっている.これは,監督デビュー作『かぶりつき人生』(1968)が興行
的に大失敗に終わり,以降,会社から干されていた神代辰巳監督が,その間
に書いた「掏摸(スリ)」という脚本を,村川の監督デビューのために,ロ
マンポルノ用に書き換えて渡し,それを村川が直して撮ったことに由来して
いる.神代は,自分の書いた脚本が他人が撮るとどういう作品になるのか,
興味津々だったそうだ.読者諸兄ご存知の通り,神代は,その後の「日活ロ
マンポルノ」になくてはならない大巨匠となる.

確認したところ,本篇のDVDは,現在,入手可能である.だから,主要な
レンタルビデオ店に行けば,在庫があれば,貸出可能の状態だろう.本篇は
ラストシーンがとても意表をつく(というかとても切ない)ので,ここで
は,ごく簡単にストーリーを,一部加筆修整の上,Amozon での紹介文か
ら引用しておこう.機会があったら,ぜひ鑑賞していただきたい.本篇は,
同年のキネマ旬報のベストテンの第10位にランクインされている.起承転
結の,非常にはっきりした作品である.

19歳のゆき(伊佐山ひろ子)は新宿の街で二郎(谷本一)を知った.ゆき
はごく自然に,二郎に処女を与えた.ゆきは二郎の彼女,洋子(石堂洋子)
から二郎が泥棒だと知らされるが,そんな事はどうでも良かった.しかし,
二郎は警察に挙げられた.ある日,拓(荒木一郎)という男が,刑務所で聞
いたと,ゆきの元へ現れた.ゆきは拓にも惚れた.拓はスリだった.ゆきは
いつの間にか集団スリの仲間にのめり込んでいた....

よく「スリルとサスペンス」というが,本篇は「スリル」に満ち溢れてい
る.洋子は,スリの「スリル」を2点ほのめかす.1点は,スリをすること
自体の「スリル」であり,もう1点は,警察から絶えず追いまわされること
の「スリル」である.そして洋子は,これらの「スリル」が,たまらなく快
感らしい.洋子(拓)たちは,スリに青春を賭けているのである.

洋子,もしくは拓に影響されてか,ゆきは自ら「スリル」を体験しようと
する.最初は,遮断機が降りた踏切で,電車が踏切を通過する直前に,それ
くぐることだった.それに成功したゆきは,まんざら悪い気持ちではなかっ
たようだ.それから,まだスリのテクニックがないので,その代わりに万引
きに挑戦する.本,洋服だったが,決して,それらが欲しかったわけでは
なく,「スリル」そのものを味わいたかったようだった.だから,拓にも惚
れていたし,ゆきが「集団スリの仲間にのめり込んで」いくのも,自然の成
り行きだったと思う.

また,本篇に限らず,「日活ロマンポルノ」黎明期の作品のほどんどに言え
ることだが,出演する俳優たちが真新しいのである.既存の俳優たちは,
まず,出演しなかった.スタッフは出演してくれる俳優たちの発掘に必死だ
った.調べていて分かったことだが,本篇は,伊佐山ひろ子の映画デビュー
作だった(もちろんテレビや舞台にも出てはいなかったろう).彼女は,当
時の俳優小劇場の養成所に在籍していた(谷本一も同様).観客にとって
は,見たことも聞いたこともない,得体の知れない俳優たちが突然出てき
て,裸になってベッドシーンを演じるわけである.さぞかし異様だったであ
ろう.しかし,かえって,その異様さが,その俳優たちの存在感を生む.そ
れが当時の魅力だった.伊佐山が驚いたときに,目をまん丸くするのが印象
的だった.

出演者の中で,唯一の有名人は荒木一郎だが,とてもカッコいい.いつもサ
ングラスをかけ,ガムを噛み,普段は上下のジーンズ姿である.ゆきにはと
ても優しいが,仕事(スリ)には非常に厳しい.仲間に加わったゆきに,ま
ず財布のスリかたから教える.極めてドライである.

本篇を「日本版アメリカン・ニューシネマ」と評する文章も読んだが,その
通りだと思う.後になって顕著になるが,村川自体,ものすごい演出造形能
力の持ち主だし,撮影の姫田真佐久のキャメラワークも冴え渡っていた.彼
は大映から日活に移籍し,後に神代や今村昌平監督と長くタッグを組む,ベ
テランの撮影技師である.

最後に,本篇では,作品のストーリーとは無関係に,ボコボコになった事故
車輛を牽引するレッカー車が大通りを走るシーンが3回出てくる.これ
は,散々スリを働いた挙句の果てに,何回も警察に捕まり,ボコボコにされ
て連行されていくーーーそんな光景のモチーフに思えた..スリに手を染め
てしまった,そしてそれにのめり込んでいくゆきの行く末を暗示しているか
のようだった.(了)


投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project