「ムーンライト」 バリー・ジェンキンス監督


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2017/4/8 10:24
SnakeHole  一人前   投稿数: 91
あの「ラ・ラ・ランド」を抑えて(しかも例のハプニング付きで)第89回アカデミー作品賞を獲得した映画である。うーん,こういう映画が「ラ・ラ・ランド」を凌駕したのか。

舞台はフロリダ州マイアミ。ヤクの売人フアン(マハーシャラ・アリ)が縄張りを廻る。扱っているのはヤクだが,部下の売人に家族の様子を聞いて気にかけたりして慕われている。通りの向うを一団の少年たちが駆け抜けて行く。先頭を行く小柄な子供(アレックス・ヒバート)を他の数人が追いかけている。「オカマ!」という罵声が聞こえる。

フアンがヤクの隠し場所である廃屋に行くと,そこにさっきの子供が一人で隠れている。名前を聞いても住所を聞いてもかたくなに口を閉ざす子供をフアンは自宅に連れ帰り,妻テレサ(ジャネール・モネイ)の手料理を食べさせる。ようやく話し始める少年の名前はシャロン,だが学校では「リトル」と呼ばれている。「『オカマ』って何?」。シャロンにそう訊ねられたフアンは「それはゲイを不快にさせる言葉だ」と答える。「たとえゲイでもそう呼ばせるな」と。

やがてフアンはシャロンの母親ポーラ(ナオミ・ハリス)が自分の手下の客であり,ヤクに溺れてほとんど母親らしいことをしていないことを知る。ポーラにヤクを辞めさせることができない彼はテレサと二人シャロンの親代わりになろうとする。海に連れていって泳ぎを教え,故郷キューバの話をする。黒人の子供は月明かりの下で青く光る。自分の道を他人に決めさせるな。

暗転。

時は流れシャロン(アシュトン・サンダース)は高校生になっている。背丈は伸びたのでもう「リトル」ではないが,やせっぽっちと内向的な性格が災いしていまだに苛めの標的だ。ポーラはヤクから抜け出せておらず,家にいたたまれないとき彼は未亡人となっているテレサのところへ行く。テレサと,子供の頃から一人だけ彼を苛めなかった親友ケヴィン(ジャハール・ジェローム)だけが彼のシェルターだった。

テレサがくれたなけなしの生活費をポーラに奪われ行き場を無くした夜,フアンと泳いだ海にやってきたシャロンは彼を見かけてやってきたケヴィンに初めて自信の悲しみと辛さを打ち明ける。が,心を通わせあった数日後,不良達の圧力に屈したケヴィンは彼らにけしかけられてシャロンを殴ってしまう。心身ともに傷ついたシャロンは事件の首謀者の少年を椅子でたたきのめして逮捕される。

暗転。

ジョージア州アトランタ。すっかり大人になったシャロン(トレバンテ・ローズ)はここでブラックと呼ばれるマッチョな身体の売人になっている。母親のポーラは再三戻ってこいと電話を寄越すがそのたびに生返事を繰り返す。そんな彼にある日,あのケヴィン(アンドレ・ホランド)から電話が。ケヴィンは言う。「あの時のことを謝りたい…」。これを受けてシャロンはマイアミ行きを決意する…。

「行間」の映画である。「余韻」の映画と言ってもいい。余計な説明をしない。いや,ひょっとすると「必要だ」と思うヒトも多かろう説明をしない。そういう意味ではとても非ハリウッド的な作り,全然似ていないのに小津安二郎作品みたいな印象が残る。キャスト全員が黒人も映画としてこの映画がアカデミーの作品賞を獲得したことは,なんというか「オバマ時代」の最後の栄光かも知れないな。


「ムーンライト」公式サイト
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project