「嘘八百」 武正晴監督

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2018/1/22 20:38
SnakeHole  一人前   投稿数: 102
正月ボケか観てもなかなかレビューを書かない悪い癖がついてしまった。上映が終わらないうちに書かなくちゃ。

これ実は去年劇場で予告編を観てから結構楽しみに待ってた一本。モノを見る目はあるのだが運が悪いのか要領が悪いのかお宝に巡り会えない骨董商の小池(中井貴一)。「西に吉あり」というラジオの占いにしたがって娘の伊万里(森川葵)とともにやってきたのは大阪府堺市。

ここで出会ったのが落ち目の陶芸家,野田(佐々木蔵之介)。この男とそれぞれ一芸に秀でたその飲み仲間たちに一杯食って百万円を騙し取られた小池だったが,この野郎と追いすがるうち自分も野田も同じコンビ,有名骨董店樋渡開花堂の店主・樋渡(芦屋小雁)とTVにも出ている大物鑑定士・棚橋(近藤正臣)に恨みを持つ仲間であることを知る。

錆びついた野田の腕を蘇らせ,仲間の西田(木下ほうか)の筆耕,よっちゃん(坂田利夫)の紙に対する造詣,材木屋(宇野祥平)の細工と組み合わせれば憎き樋渡・棚橋コンビに一泡ふかせることができるのではないか。

このアイディアに取り憑かれた小池は,自分も騙された西田とよっちゃんによる「千利休,切腹直前の譲り状」と材木屋の作った箱をネタに,野田に「利休が死の直前に知人に譲り渡した最後の茶器」を焼かせようとする。「お前なら,本物の利休の茶器より凄いものが焼けるはず!」。

長年連れ添った女房(友近)に逃げられ抜け殻のようになっていた野田だったが,しつこく付きまとう小池の熱に当てられたか,徐々にかつての情熱を取り戻していく。そしてついに焼きあがった茶器は…。

メイン・プロットは面白いのになんか余計な枝葉で話を散漫にしちゃった印象。野田の息子(前野朋哉)といまりの結婚式のくだらない騒動は要らないだろ。…ま,でもそのくらい,中井貴一がワタシも愛用のシドのメガネ,クリックリーダーを掛けてたのと相殺してやってもいいけどな。


「嘘八百」公式サイト
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project