「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」 ジョー・ライト監督


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2018/5/2 8:38
SnakeHole  一人前   投稿数: 122
タイトルから,いや予告編を観てもなお「ああ,あのチャーチルの生涯を描いた伝記映画か」と思った人が多かろう(いや少なくてもいいんだけど,とにかくオレはそう思った)。

でも原題は「DARKEST HOUR」。中学生程度の英語力があれば「『生涯』ぢゃねぇな」と判る。

以前,キューバ危機(1962年)を扱った「13デイズ」(ロジャー・ドナルドソン監督)という映画があったが,言ってみればこれはあれの英国版だな。

対ドイツ宥和政策で失敗したチェンバレンの後継として保守・労働,挙国一致内閣の首相に就任した1940年5月10日から,20世紀の名演説の一つとして名高い同年6月4日の下院演説までの約1月間。

あらすじ…はまぁ「史実」なのでここで改めて紹介するまでもあるまい。要するに彼が「ドイツ軍があんまり強いので降参しちゃおうと言う英国議会の空気にたった一人で抗い,ついに世論を味方にして徹底抗戦の方針を決める」ところまでの話である。

冒頭映し出された原題を見て「ありゃそうなのか?」と思ったものの,始まってしまえば主演ゲイリー・オールドマンにぶっ飛ぶ。アカデミー賞を受賞した辻一弘の特殊メークにより,本来の容姿とは似ても似つかぬ(ほんとにそう言えると思う)「チャーチルの顔」になっての演技はまさに圧巻。

ヒトラーは記録映像,ルーズベルトも声だけの出演(声はデヴィッド・ストラザーン)にして,歴史の焦点をチャーチル一人に絞り込む演出も見事。

いや,もちろん「生涯」だと思ってたオレは,「エニグマ解読」の秘密を守るために傍受していたコベントリー空襲の情報を秘匿した決断とか,この映画にもその端緒だけ描かれているが胃の痛くなるような折衝の経緯などにも期待してたんだけど,でも満足。

劇場で観ておく価値のある歴史映画ですぞ。


「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」公式サイト
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project