【新作】『教誨師』(TOEKICK★12・ライブラリーガーデン・オフィスシローズ,佐向大,2018)

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 書き込み日時 2018/10/14 21:46
asanoha  半人前   投稿数: 21

新作映画の感想では,いわゆる「ネタバレ禁止」が不文律だが,本篇はその
ネタに当たる部分が見当たらず,ただ,淡々と流れていく作品である.不文
律に注意しながらも,幾分本篇の内容に触れてしまうが,その点をご了解願
いたい.

本篇はオリジナルシナリオによる作品であり,大杉漣の最後の主演映画で
ある.話としては,教誨師の佐伯保(大杉漣)が拘置所内の死刑囚6人と,
それぞれ面会し,教誨を繰り返していく,という単純なものだ.舞台のほと
んどが教誨室であり,特別なセットもなく,「対話劇」「密室劇」と言え
る.劇伴はない.

その密室性を強調するために,画面サイズを今では珍しいスタンダードに
して,その閉塞感を醸し出している.提案だが,その閉塞感をより増幅させ
るためにも,カラーではなく,むしろ,モノクロで撮ったほうが,よりその
効果が増すのではないかと感じた.本篇の場合,カラーでは「色」が主張し
過ぎる.大島渚の『白昼の通り魔』のような効果が適していると感じた.

撮影は,キャメラを2台用いて,対話を長めに撮り,それを2台のキャメラ
を切り返して編集しているようだ.対話に緊張感が出ている.

本篇の疑問とすれば,死刑囚6人のキャラクターを,それぞれ際立たせるた
めに,特に死刑囚の1人,野口今日子(烏丸せつこ)のキャラクターが,あ
まりにも立ち過ぎてしまい,とても死刑囚とは思えないという点である.他
の死刑囚たちの会話でも,教誨ではなく,あたかも茶飲み友達の会話,世間
話に終始する感じもする.

死刑囚たちの共通の関心事は,いつ刑が確定したか,そこから逆算して,い
つ刑が執行されるかだろう.実際の死刑囚は,再審請求の手続きに追われて
いる.その6人共通の恐怖心が,これらの死刑囚からは感じられない.

ただ,ここは監督(脚本も兼ねている)の狙いの部分だ.それともこれが実
際の死刑囚の実態なのだろうか.監督もパンフレットの中で,「ここで描い
ていることは全くの想像でしかない」と述べている.

大杉漣は,今のようにメジャーになる前は,主に高橋伴明監督の下,よく下
元史郎との共演でピンク映画に多数出演していた.たまたま高橋監督のイン
タビューを聞く機会があり,その時,両者のことを,「下元史朗は破滅型,
大杉漣は禁欲型」と評していたのが,印象に残っている.

撮影効果としては,佐伯が拘置所の長い廊下をコツコツと靴音をたてて歩い
ているシーンで,いわゆる「エイムスの部屋」のようになっており(これは
スタジオセットではなくロケセットである),シャバと拘置所との遠い距離
を演出しているところに,興味をもった.

俳優としては,死刑囚の1人,高宮真司を演じた玉置玲央が好演していた.
あるときは正論を吐き,あるときは屁理屈に終始する,その達者ぶりが演出
と相まって,生き生きと描かれていた.

本篇では,決して声高ではないが,死刑制度への疑問を投げかけている.そ
の是非はここでは述べない.読者諸兄のご判断に委ねる.

公式ホームページ:
http://kyoukaishi-movie.com/

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project